おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

  • トップページ
  • 運営会社
【無料の企業PR広告】
【無料の企業PR広告】
おすすめ情報

飼っていた犬にマッサージをしていた。つい撫でているうちに気持ちよさそうに目を閉じる耳の裏や眉間、肩や背中、腰やお腹をゴシゴシとマッサージしてしまっていたのだが、家族もその犬にマッサージをしてあげていた。特に母。毎朝、毎晩、犬にねだられ裏返る犬の胸お腹の広範囲を一気に両手で撫で上げる、また裏返って伸びをしている肩からお尻までを両手でゴシゴシと撫であげる。ある日、あまりにも犬が気持ちよさそうなので、母に頼んで同じように伸びるから、犬と同じように撫でてくれと頼んだ。ゴシゴシゴシゴシ「んひょひょひょひょひょ〜」という母のよくわからない掛け声というか合いの手つきなのだが、力強い両手で背中から肩、背中からお尻、皮膚と肉が撫でられ、疲れた体に気持ちがいい。まさにこれはマッサージ。

単なる撫でくりなんかじゃないのだ。そりゃー犬もねだるわ。犬も気持ちいいマッサージ。これに味をしめた私は、時々母に「ナッ君マッサージをお願いします」と頼んでソファーにうつ伏せになり、ゴシゴシマッサージを堪能していた。このゴシゴシマッサージ、手で体を撫でることでスキンシップも同時に行っていて、心にも効くらしい。体が気持ちよかっただけでなく、ふぅっと余計な力が抜けて心も柔らかくなった。

更にマッサージされた犬はもちろん、マッサージしたこちらも心がスッキリしたり優しくなったりほっとしたりする。なんか不思議なマッサージだった。